研究・業績

研究活動

当院では、複数のグループに分かれて研究活動を行っています。隔週で行う研究カンファレンスで進捗状況を発表し、最終的には学会発表・論文発表に繋げています。

主な研究テーマ

  1. 分子疫学的手法による疾患の重篤化予防に向けたリスクマーカーの探索
  2. 高齢化社会における健康寿命の延伸を目指した予防医学と臨床薬学の融合研究
  3. 薬物血中濃度や遺伝子情報による個別化処方設計に向けた研究
  4. 医療ビックデータを用いた薬剤疫学研究による有害事象や相互作用の解明
  5. 薬剤師業務の課題解決に向けた医療薬学研究

島ノ江研究室への大学院生募集

 熱意、体力、協調性のある方で、薬学はもちろん、医学、理学、歯学、農学出身の学生さんの参加もお待ちしています。それぞれが興味を持つテーマで研究を進められるよう、自発性も尊重します。当研究室では疫学的手法や臨床研究の企画および実施、統計解析から論文発表に必要なスキルを指導して、様々な研究を遂行できる力をつけていただきます。さらに、他の研究室との共同指導のもと自身のテーマに沿って研究を掘り下げていくことも可能です。

 興味を持った方は、島ノ江までご連絡ください。

   E-mail: chisatosアットマークcc.saga-u.ac.jp (*アットマークを@に変換してご利用ください)

表彰・受賞

祖川倫太郎副薬剤部長が、その業績を評価され令和4年度佐賀大学医学部長賞(研究部門)を受賞しました。

 

医学部長賞は、研究活動において、国際的又は全国的規模の学会から評価を得る等の高い研究業績を有する者に授与されるものです。


橘川奈生薬剤師が、令和4年度佐賀大学医学部若手研究者優秀論文奨励賞を受賞しました。

 

受賞論文:Kikkawa N. et al., Gen Hosp Psychiatry. 72: 88-91 (2021)

Delirium risk of histamine-2 receptor antagonists and proton pump inhibitors: A study based on the adverse drug event reporting database in Japan  

PMID: 34352509

 

若手研究者優秀論文奨励賞は、優れた研究論文を発表した若手研究者に今後の更なる研究の発展を期待し授与されるものです。

業績

ダウンロード
2021年.pdf
PDFファイル 265.6 KB

ダウンロード
2020年.pdf
PDFファイル 238.9 KB
ダウンロード
2019年.pdf
PDFファイル 175.6 KB

ダウンロード
2018年.pdf
PDFファイル 182.3 KB
ダウンロード
2017年.pdf
PDFファイル 173.6 KB

ダウンロード
2016年.pdf
PDFファイル 170.0 KB
ダウンロード
2015年.pdf
PDFファイル 232.5 KB

ダウンロード
2014年.pdf
PDFファイル 185.1 KB
ダウンロード
2013年.pdf
PDFファイル 216.2 KB

*スタッフ写真、画像その他HP上に掲載している情報について、無断転載、複製、使用は固くお断りいたします。

佐賀大学医学部附属病院 薬剤部

Tel:0952-31-6511 (病院代表)

Fax0952-34-2036 (薬剤部)