病院・薬局の方へ

術前薬剤師外来について

当院ではメディカルサポートセンターに薬剤師を配置し、主に手術前の休薬漏れを回避することを目的に、外来(入院決定時)における常用薬の確認、中止薬の説明を実施しております。


医療機関の方へ

①を用いて中止薬の説明を行っております。

一包化の抜去など患者さんから中止薬に関するご相談があった場合には、ご対応をよろしくお願い致します。

②は「術前薬剤師外来」で中止薬の確認後に中止対象となる薬剤の追加を防ぐための注意喚起としてお薬手帳に貼付しています。

手術前に中止の検討を要する薬剤の追加がございましたら、当院にお問い合わせいただきますようお願い致します(メディカルサポートセンター:0952-34-3190)。

また、お薬手帳など常用薬が分かる情報の持参がない場合、医療機関へ情報提供をご依頼させていただくことがございます。

 

患者さんが安全に手術を受けることができるよう、ご協力の程よろしくお願い致します。

佐賀大学医学部附属病院薬剤部調剤内規抜粋版

ダウンロード
佐賀大学医学部附属病院薬剤部調剤内規抜粋版(平成28年1月)
H27tyouzainaikibassuibann.pdf
PDFファイル 463.2 KB

佐賀大学医学部附属病院「術前中止薬管理Webアプリ」

ダウンロード
「術前中止薬管理Webのアプリ」院外配信について.pdf
PDFファイル 760.7 KB

佐賀大学さきどり情報局でも、とても分かりやすくご紹介いただきました。

ぜひご覧ください。

キシロカイン・グリセリン含嗽水の院外処方発行について

ダウンロード
キシロカイン・グリセリン含嗽水の院外処方せんのお知らせ
キシロカイン・グリセリン含嗽の院外処方せんのお知らせ.pdf
PDFファイル 282.7 KB

連携充実加算について

当院では、患者さんへ質の高い医療を提供するため、地域医療連携の強化を目的に、連携充実加算を算定しております。

当院で外来がん化学療法を行った患者さんについて、保険薬局において服薬状況や副作用の有無等について聴取し、情報提供が必要と判断された場合は、施設間情報連絡書に記載いただきFAX送付をお願いいたします。

担当薬剤師が内容を確認させていただき、必要に応じて主治医等と情報共有し診療に活用させていただきます。

*緊急性のある場合や処方箋に関する疑義照会は直接医師にお願いします。

 

がん化学療法プロトコール(レジメン)

医療関係者(医師、薬剤師、看護師など)を対象に、当院でがん化学療法を受ける患者さんの適正な投与管理を目的として、当院がんセンターホームページにおいてがん化学療法プロトコール(レジメン)を公開しています。

公開の目的をご理解の上、ご活用ください。

がん化学療法プロトコールの掲載内容については、無断転用を禁じます。

 

がん化学療法プロトコールホームページ

がん化学療法における施設間情報連絡書

当院でがん化学療法を受けている患者さんについて、保険薬局から情報提供いただく際は、施設間情報連絡書をご利用いただき、FAX送付をお願いいたします。

施設間情報連絡書は抗がん薬・分子標的および免疫チェックポイント阻害薬に分けて作成しておりますので、患者さんの治療内容に合わせてご活用ください。

 

ダウンロード
施設間情報連絡書(抗がん薬・分子標的薬)
jiyouhourenrakushokouganzai.pdf
PDFファイル 636.0 KB
ダウンロード
施設間情報連絡書(免疫チェックポイント阻害薬)
jiyouhourennrakushomeneki.pdf
PDFファイル 306.4 KB

=== 連携窓口 ==========================  

佐賀大学医学部附属病院 薬剤部 製剤室  

TEL 0952-31-6511(代表)(平日 9時-17時)  FAX 0952-34-2036    

レジメンの照会等に関する問い合わせは、病院代表へお電話いただき、

薬剤部 製剤室へ継ぐよう、お伝え下さい。

※1 情報提供は、施設間情報連絡書を用い、FAX送付をお願いします。

※2 上記以外の服薬情報提供書(トレーシングレポート)は直接医師へお願い致します。

 

院外処方可能薬品

ダウンロード
院外処方可能薬品 2019年4月~2022年3月追加分(2022年5月)
2019-2021add_ingai【過去3年分】.xlsx
Microsoft Excel 90.3 KB

後発品変更の報告は、FAX 0952-31-5693へお願いします。(院外薬局FAXコーナー)

院外処方箋様式の変更について(2020年1月~)

ダウンロード
院外処方せんへの検査値及びQRコードの印字について(お知らせ)
ingairecipe for pharmacist_20191229.pdf
PDFファイル 217.3 KB
  • A4横型版の左側に処方箋を印字します。
  • 処方箋の右側には、検査情報として、処方確定時に過去1ヶ月以内に結果が報告されている値を印字します。(HbA1Cについては、2020年1月以降に報告されたものから印字します)
  • 処方箋の右側には、1枚目に2次元バーコードを印字します。処方薬剤数等によっては、すべての情報がバーコードに含まれていない可能性がありますのでご留意ください。読み取りができない場合は、各薬局の読み取り機のメーカーに問合せをお願いします。
  • QRコードに関しては、2023年にJAHIS9にバージョンアップ予定です。

後発医薬品の採用

厚生労働省の後発医薬品使用促進の方針に従って、 当院でも後発医薬品の使用に積極的に取り組んでいます。

院内で使用している後発医薬品についてはこちらをご参照ください。

*スタッフ写真、画像その他HP上に掲載している情報について、無断転載、複製、使用は固くお断りいたします。

佐賀大学医学部附属病院 薬剤部

Tel:0952-31-6511 (病院代表)

Fax0952-34-2036 (薬剤部)